読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみをかく。

47都道府県制覇を目指す、旅日記

【色を感じる・長崎ノ旅①】 島原

九州 長崎

2016年3月下旬。三連休がとれたので、春を感じに長崎へ。

 少しで遅めの出発。

11:00長崎空港発のバスに乗って、12:37島原駅へ。

f:id:Ottley:20160624174738j:plain

 駅がかっこよい!!

 

そこから歩いて約10分。

鯉の泳ぐまち

f:id:Ottley:20160624175327j:plain

島原は古くから水の都と呼ばれるほど湧水が豊富だそうで、

町内に流れる水路を活かしたまちづくりをするために、錦鯉を放流したのがはじまりとのこと。

f:id:Ottley:20160624175523j:plain

 

こういう水路にさりげなく鯉が。

f:id:Ottley:20160624175809j:plain

ぱくぱく

f:id:Ottley:20160624175903j:plain

 

見落とすぐらいすぐ近くに、郷土料理のかんざらし作りが体験できる、しまばら湧水館や

f:id:Ottley:20160624180048j:plain

島原を代表する水屋敷、湧水庭園 四明荘があります。

f:id:Ottley:20160624180315j:plain

時がゆっくり流れてる。そんな感じのところ。

f:id:Ottley:20160624180358j:plain

とてもコンパクトなので、まったりするのにいいかも。

 

観光交流センター 清流亭に一番多く鯉がいました。

f:id:Ottley:20160624180629j:plain

ここに車を泊めて、散策する感じがいいかな?

 

まだ少し時間があるので武家屋敷を少し見て、

f:id:Ottley:20160624181004j:plain

島原城へ。

f:id:Ottley:20160624181055j:plain

踊ってる。

f:id:Ottley:20160624181251j:plain

忍者と武将…かな…?

お客さん少ない中大きな声で掛け声とかされてたので応援したい…!

 

ただ島原城のちょうど入口で踊ったり記念撮影したりしてて、

人見知りのわたしからしたら大変中に入りづらい(-_-)

 

時間もなかったので、ぐるりと城の周りをまわるだけに。

f:id:Ottley:20160624181819j:plain

天草四郎の像。

f:id:Ottley:20160624181924j:plain

この祈るようなポーズ、かっこいい

 

島原駅前から14:45発のバスに乗って、一日目のもう一つの目的地へ。